山下智久がジャニーズ事務所を退所

昨日11月10日、ジャニーズ事務所の有名タレントである山下智久さん(35)がジャニーズ事務所を退所したと同事務所より発表されました。実際は10月31日付での退所のため事後報告での発表となっています。

世間ではトップニュースとして取り扱われ、若者を中心に大きな波紋が広がっています。

山下智久さんの経歴

山下智久さんと言えば、ジャニーズ屈指の端正のマスクで、ダンスも演技も英語もできるマルチな才能を持ち、インスタフォロワー数も490万人を超える超人気タレントです。

山下智久さんは1996年にジャニーズ事務所に履歴書を送り、その年にジャニーズJr.としてデビュー。

以降、主に売り出し中だったkinki kidsのバックダンサーを務めたり、生田斗真や風間俊介らと共にJr内で『Four Tops』というユニットを組んだり、滝沢秀明らと共にジャニーズJr.黄金世代を支えてきた中心メンバーとなっています。

その後、2003年にはNewSとしてCDデビューを果たし、ドラマで共演した亀梨和也とは「青春アミーゴ」を発表し大きな話題となりました。

2011年にはNewS脱退、ワーナーミュージックにてソロデビューを果たしています。「抱いてセニョリータ」や「SUMMER NUDE ’13」等ヒット作を生み出し、確かな歌唱力にも定評があります。

演技では、「野ブタ。をプロデュース」「ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜」「プロデュース大作戦」「コード・ブルー」等で主演を務め、音楽のみでなく演技においてもマルチな才能を発揮しています。

ターニングポイント

ところが、今年8月中旬夜、山下智久さんと亀梨和也さんが未成年女子と飲酒、山下さんが未成年女子をホテルに持ち帰っていたことが文春オンラインにて報じられ、その後活動自粛となりました。

その女子高生モデルというのが、一部ではモデルのマリア愛子さんではないかと推測されています。

以前は既に退所している元関ジャニ∞の錦戸亮、元kat-tunの赤西仁や城田優らからなる赤西軍団と共にクラブ遊びをしていた時に、一般人と書類送検につながるトラブルを起こしたこともあったので、未成年女子との飲酒については脇の甘さが裏目に出た結果となりました。

今後の動向

今後については、本人から「本格的に活動の拠点を海外に移したい意向であること、また現在オファーがある海外作品に参加するため退所を希望する」との申し出があったと事務所より発表されています。

実際には、ハリウッドより映画出演オファーが届いており、事務所に留まるとこのオファーを受けられなくなる可能性があるため、元々海外志向の強かった山下さんはきっかけとして退所を選んだのではないかと推測されています。

ジャニーズ事務所ではジャニー喜多川さんが昨年7月に亡くなって以降、櫛を引くように所属タレントの退所が続いているのでタイミングを見計らっていたのかも知れません。

山下さんは撮影現場のカナダに滞在中との情報があり、来年1月から国内で海外ドラマの撮影に入る予定となっている模様です。

コメントを残す