Googleアドセンス申請をたった5記事で通過した4つのコツ

ブログで収益を出していくために、絶対に用意しておいた方がいいのが、Googleアドセンス広告です。

Googleアドセンス広告は、あのGoogle社が展開している世界トップクラスのアフィリエイトサービスですが、ブログを保有する誰もが使える訳ではなく、かなり審査が厳しいと評判のサービスとなっています。

申請前のブログの記事数においても、1記事で通過したという前例はただの1例もなく、通過したほとんどブロガーは最低でも10記事以上は準備して臨んでいます。

しかし今回、何とたった5記事であのGoogleアドセンス審査に合格することが出来ましたので、その秘訣をご紹介していきたいと思います。

1、絶対に無料ブログサービスを使わない

以前は、はてなブログなどの無料ブログサービスでも審査に通過していたようですが、今は100%通過しないと思っておいたほうが良いです。

必ずご自身でサーバーをレンタルし、独自ドメインを取得して、Wordpressをダウンロードの上ブログを用意してください。

逆に言えば、WordPressを使用した独自ブログでなければ、審査を通過することはできません。

(初心者の方は独自ブログを用意するだけで挫折される方が多いですが、ここさえ突破できれば後は楽です)

2、シンプルなブログテーマにする

WordPressでは様々なブログテーマが用意されていますが、中には見栄えの悪いテーマが存在するのでそのようなテーマは選ばないようにしましょう。

見栄えの悪いブログはGoogleから広告を配置するのに適さないブログと判断されてしまう可能性があります。

テーマは無料テーマで十分ですが、おすすめは「Cocoon」や「Write」などです。

3、アドセンスポリシーを遵守する

Googleアドセンスの審査において、非常に重要なポイントがアドセンスのポリシーを遵守するという事です。

具体的に言いますと、

  • 何かあったときにブログ所有者と連絡が取れる「問い合わせ」のページ
  • Googleアドセンスのポリシーを明記した「プライバシーポリシー」
  • 運営者の紹介が記載された「運営者情報」

この3点を固定ページであらかじめ作成しておく、ということです。

この3点がないと、どんな素晴らしい内容のブログでも審査を通過することは難しいです。

4、ユーザーの問題解決に繋がるブログを作る

審査用だからといって、いい加減な内容の記事を作っても審査を通過するのは難しいです。他ブログのコピペなどは論外です。

Googleアドセンスが審査する上で重要視していることは、訪問するユーザーの問題解決に繋がるような記事、ではないでしょうか。

一般的に、審査には最低10記事、文字数は1000文字以上と言われておりますが、

私の場合は5記事、文字数は各記事500字前後で1発合格しました。

審査期間は24時間もかかっていません。

上記のポイントをしっかり意識できていれば、少ない記事数、文字数でも合格は可能ということです。

具体的に言いますと、「各文章の間の行間をしっかり取る」、「画像を多めに使用する」、「段階分け・箇条書きを徹底する」等のポイントを意識していけば、かなり見栄えの良いブログになるかと思います。

まとめ

  • 必ずWordpressを使って独自ブログを用意する
  • シンプルで見栄えの良いブログテーマを使用する
  • Googleアドセンスのポリシーを守る
  • ユーザーの問題解決に繋がるブログを意識する

少ない記事数で審査に通過できたのは、審査担当者がたまたま緩かったのか、基準自体が以前より緩くなったのか、他にも可能性は考えられますが、上記の方法で申請するとかなりの確率で合格は可能ではないかと思います。

尚、5記事はかなりの省エネ通過だと思われますので、念のため少し多めの記事数、文字数で申請されるのをおすすめします。

コメントを残す